※Java162が原因と思われるCPUの負担増加があるようです、自分の場合ビットレート3000kbps(3Mbps)程度の負担増加がありました、本当の原因はわかりません。注意:多くのソフトがJavaを使ってプログラミングされているのでアンインストールするとソフトが正常に動作しない場合がでてきます(2018/01/23)。2017/11/12 にアップデートされた簡易OBSStudio 20.0.1以降用のmodified-v2 x264プリセットファイルです(アップロード 日2017/11/17)


公式版や古い簡易obs studioでは使えません。ハイスペックPCでなくても低スペでなければ使えると思います。30フレーム用です。

画像をクリックすると動画に飛びます。

 

これは昔の動画の使い回しですので今とは少し違います。


Java162用応急カメラ配信用プリセットsubme=0です。ビットレート1.5Mbps分くらいCPUが軽いはずです。これ以上プリセットの数値を落とせないのでビットレートを下げるなどして対応してください。(アップロード日2018/01/26)

ダウンロード
Ca162JavaSuperMODv2.30.ffpreset
テキスト文書 965 Bytes

Java162用応急プリセットsubume=2です。ビットレート2.5Mbps分くらいCPUが軽いはずです。(アップロード日2018/01/24)

ダウンロード
To162JavaSuperMODv2.30.ffpreset
テキスト文書 965 Bytes


このプリセットファイルは少し重いですが 2017/11/12 にアップデートされた簡易OBSStudio(設定がずいぶん変わりましたが正常に設定できれば)は非常に軽くなったので映像ビットレートを上げるよりもこちらを使ってみてはいかがでしょうか。違いがはっきりわかるほど画質が上がります。※今までアップしていたものは全て駄作なのでこれをダウンロードしなおしてください、申し訳ありません。(アップロード日 2017/11/17)

ダウンロード
HQMODv2.30.ffpreset
テキスト文書 964 Bytes

非公開配信で何回もテストをしてベスト(だと思われる)になったプリセットがこれです。前にあった2HQMODv2.30.ffpresetは削除しました。上のHQMODv2.30.ffpresetはカメラ配信用にでも使ってください。(アップロード日 2017/11/19)

ダウンロード
SuperMODv2.30.ffpreset
テキスト文書 965 Bytes

色が濃すぎるかなと思ってSuperMODv2.30.ffpresetを改変して自然な感じにしました。全体的に少し色合いが薄くなりますが光が当たって反射して輝く部分が明るく光る特徴があります。(アップロード日 2017/11/30)

ダウンロード
NeoSuperMODv2.30.ffpreset
テキスト文書 965 Bytes

結構、重くなりますがゲーム配信に向いているかもしれません。テストで自分のパソコンで使えましたが自分はゲームをしないのでゲーム配信ではどうなるかわかりません。あとカメラ配信では自分のパソコンでは重くて使えませんでした。subme=1をsubme=4に変えました。(アップロード日 2017/12/10)

ダウンロード
GSuperMODv2.30.ffpreset
テキスト文書 965 Bytes

一応ハイスペックPC用を作りました。自分のPCはハイスペックではないのでテストが出来ないため想像で作りました。ハイスペックPCでゲーム配信に向いているかもしれません。数値は、ほぼMAXです。間違いなくハイスペックPCでないと使えません。数値の入力が今まで間違っていました。2017/12/10のは間違えです。(アップロード日 2017/12/13)

ダウンロード
HGSuperMODv2.30.ffpreset
テキスト文書 968 Bytes