イコライザの功罪

デフォルトの音が気に入らなかったらイコライザでいじるのは普通だけど、どうでもいい低音質の音楽ファイルなら問題ないが高音質のものはかなり劣化する。止む終えずイコライザを使わなければいけない場合を除いてはイコライザは使うべきではない、要するにイコライザをかいして出力をしないこと。デフォルトの音程ってのはプロがやったものだし、それがダメだったらプレイヤーソフトのほうが悪いってこと。たとえばOBSなどで高音質ファイルを出力する時にイコライザを使ってしまったら音声ビットレートをいくら上げても全く意味がない、根本的にイコライザのせいで音が腐ってしまっている。具体的にイコライザを使うとどう劣化するかというとボケた音になる、原音を忠実に再現できなくなる、と言える。余談ですがiTunesに出会って今までのプレイヤーで低音がボンボン、高音がシャカシャカでやかましいのがどうしたらいいか悩んでたのが解消されて良かったのと今までのプレイヤーに対する軽蔑がおこってくる。Media Goみたいなガチャガチャしたうるせえ音しか出さないプレイヤーなんかもう使いませんよ。その他のプレイヤーも似たり寄ったり。でもiTunesはちゃんと設定しないと再生情報がAppleに漏れるので気をつけてくださいね。どこを設定するかは自分で探しましょう。